戦慄を放り出す店。先行きへの問題を引渡す店。

断捨離、ときめき片づけ、ガラクタクリアリングは、過去と片をつけて、次世代を見入る先。
本日という間で、過去と片を塗り付けることだと言う。考え方の原料は全部同じだ。
過去と片を塗る、かあ。働いてたところの歴代。ニートだったところの歴代。派遣だったところの歴代。
どれも捨てられなくて、困ってる。
でもこちらでもいやに捨てた側なんだけどね。
働いてたところの過去は、もう荷物と被服以外残っていない。
ニートだったところの過去は、集大成安っぽい被服だったので捨てた。
派遣だったところの過去は、前述、片付けた。
くずが人一倍です。なぜこれ程よけいな買い出しばかりしてたのだろう。
でも近頃、貯蓄も920万円あるし、とりあえずいいか。
ムダなものを全部捨てても、やっていける筈。
でも、先々が不安なんだよなあ。
次世代が不安で貯金して仕舞うっていう感情、わかる気がする。
でも、その不安を手放さないことには、広場は片付かないし、次世代も開けないと想う。
だから、綺麗にするんだ。広場を。キャッシング 金利